しぼり黒豆について


しぼり黒豆は、それまでの甘納豆に無かった”乾燥”の工程を加えた甘納豆です。

「しぼり」とは、熱風の中でしぼるように乾燥させること。

北海道産の粒選り黒大豆を使用し、かむほどに広がる素朴な味わいが特徴です。

黒豆と砂糖のみのシンプルな原料でお作りしており、

黒豆自体に栄養が豊富に含まれているため、おいしく健康的にお召し上がりいただけます。

またご飯やパンに混ぜるなど料理の具材としてもお楽しみいただいております。

和菓子としては日保ちがすることから、ご贈答やお土産としても重宝いただいております。


しぼり黒豆ができるまで


しぼり黒豆はお取引先からの製作のご依頼がきっかけとなり、長い試行錯誤の末生まれました。

試作当初は、陽射しの強い日に天日干しを試みたり、夜中に豆の具合を見たりなど、

様々な方法を試み、たくさん失敗もしてきました。

現在の製造法を確立したあとも、日々変わる気候条件と格闘しながら、

理想の仕上がりが得られるようデータを取り続けています。

 

しぼり黒豆は一見堅そうに見えるのですが、パリッとした黒豆の皮と、

ほどよいやわらかさの豆の中身とが一体になって、独特の食感を生み出しています。

気候やその日の豆の具合によっては、このバランスを作ることがとても難しいこともありますが、

日々最高のバランスを目指して取り組んでいます。


蜜漬け工程をふんだ黒豆を煮上げたところ。豆が熱いうちに乾燥室へ移します。豆の芯まで全体に蜜が浸透していることで、乾燥後に程よい噛み心地が生まれます。

乾燥室で黒豆がある程度乾燥したところ。

目視で割れた豆などを除去していきます。

艶があり、ふんわりパラパラな状態が理想。

気候条件により温度や空気量等を調整します。